猫の生涯飼育

  1. TOP
  2. >
  3. 猫の生涯飼育

有料事業

クローバーでは、
猫の生涯飼育を行っています。

何かしらの事情により、急にペットの飼育ができなくなってしまった時に、
飼い主さんの気持ちを無視する扱いをされた犬や猫を多く見てきました。
ペットもかわいそうですが、飼い主さんはさぞかし無念だろうと思います。
そういったペットが少しでも減るように、飼い主さんが安心できるように、クローバーではペットの生涯飼育を行っています。
大切に飼育させていただきたいため、猫に限り少数しか引き取りはできません。

本当は、飼い主さん御本人でペットを心から安心して任せられる人を見つけられることが一番良いことです。
ですが、それができない方もいらっしゃるのが現実です。

この機会に、大切な家族であるペットのことを今一度しっかりと考えていただけたら幸いです。

猫の生涯飼育について

猫舎や保護部屋ではなく、
一般家庭で大切な飼い猫として暮らします。

事前に生涯飼育のご契約をしていただき、クローバーを緊急連絡先にしていただくことで、
飼い主さんが急にペットの飼育ができない状態になった際に、すぐにペットの元へ駆けつけ生涯飼育を開始します。

施設への入居や長期入院の場合など、飼い主さんが再度ペットと暮らせる状況になった際には、飼い主さんの準備が整い次第ペットをお連れいたします。一緒に暮らせない場合でも、ペットの近況はご報告させていただきます。もちろん会うことも可能です。

ペットをどのように飼育していくか(病気になった際のことなど)を、しっかりと事前に打ち合わせをさせていただき、飼い主さんのご希望に沿う形で大切に飼育いたします。

生涯飼育をお引き受けした猫たちを大切に飼育するため、お申込みが多数になった場合はお引き受けできない場合がございますので、その際はご了承ください。

資料請求・お問い合わせはこちらよりお願いいたします。

知っておいてほしいこと。

静岡市の殺処分について

現在、静岡市は野良猫の殺処分を行っていません。
ですが、飼い猫(ペット)は個人の所有物になりますので、親族やご友人に引き取ってくれる人がいなければ殺処分の対象になります。

外に出すことは「逃がす」ではなく
「捨てる」こと

飼い猫は飼い主さんの所有物です。
捨てることは「遺棄」となり犯罪です。
「地域猫にしたい」と言う親族の方もいますが、そもそも飼い猫は所有物なので地域猫にはなれません。
「逃がす」という言い分は、文字通り都合のいい逃げ言葉です。
猫は野生動物動物ではありません。まして飼い猫は外に出されたら生きて行く術を知りません。

ペットを飼える準備を

独居の人やお年寄りがペットを飼うことに反対なのではありません。
ペットとの生活は、優しく楽しく生活が豊かになります。
ですが、ご自身に何かあった時の事を想定してしっかりと準備をしていく事はとても大切な事です。

残されたキミのためにできること
ペット遺言

ご自身が飼育できなくなった時に、自分に代わってペットを可愛がってくれる人にペットにかかる費用をお渡しし、飼い主さんが「どう飼育して欲しいか」を伝える事でペットも後継人も困る事無く生活ができます。
ペットの後継人になってくれる方とよく話し合って下さい。

人もペットも、最期まで幸せに暮らして欲しいと願います。

© 2018 一般社団法人クローバー