ボランティア募集・保護活動

  1. TOP
  2. >
  3. ボランティア募集・保護活動

ボランティア募集

人の愛護活動のやり方の批判をしない。
動物愛護法を理解して仲良く活動してくれる方の参加をお待ちしています。

※ボランティアさんの金銭、物品の持ち出し強制参加はありません。

自由参加のボランティアさん募集

ご自身のペースで無理なく愛護活動に参加してください。
1ヶ月に1回の参加でも大丈夫です。
●TNR活動がメインの団体です。
通院とリリースが主な活動になりますので、お車を出していただける方は助かります。車の無い方でも猫の預かりさん他、様々な活動への参加をお持ちしております。

ゆるやかなTNRネットワークを作りたい

他地域の活動には参加出来ないけど、皆さんの住んでる地域で
●TNR活動、地域猫活動の話が出た時に参加していただけける方。
●参加は出来ないけど野良猫情報を提供してくれる方。

ぜひ登録をお願いいたします。
個人情報は厳重に管理し、無断で使用する事はありません。

犬と違いお散歩をしない猫を飼われている方は、猫の情報交換の場が無い事がほとんどです。クローバーがネットワークの中心になって、愛護活動をしたい方たちを繋げられたらと思います。
静岡市の野良猫の情報が詳しく分かれば、スムーズなTNR活動が出来ます。
食べるものが満足に無い、育たないかわいそうな子猫を減らしたい。母猫を、出産・子育てでの消耗から解放してあげたい。
増えすぎた野良猫が嫌われないようにしたい。

そう考えていただける方が沢山集まってくれたら、早くに不幸な野良猫はいなくなると思います。
多方面からの参加をお待ちしております。

一団体、ひとりの力は小さいです。でもひとりが100人集まれば、きっとですごい事が出来ちゃうと思います。
ひとりじゃ出来ない事も仲間と一緒なら頑張れます。

ガチガチのルールは大変です。お気軽に参加して下さい。
メールで活動内容等のご説明した後に参加の意志を持っていただけた方には、
ボランティア参加説明会をいたします。

こちらからお気軽にお問い合わせください。

クローバーは保護活動をする方の応援をしています

クローバーは保護活動をする方の応援をしています

保護譲渡活動

クローバーはTNR現場以外での猫の保護譲渡活動を行っておりません。
クローバーが保護譲渡した子猫の母猫は、全てがさくらねこ
です。

かわいそうな子猫を見つけました。引き取ってもらえないでしょうか?
どの猫も引き取り、譲渡をしたいと思いますが、その数が多すぎて全てを引き取る事も引き取る猫を選ぶ事も出来ません。
保護には沢山のお金と労力が必要になります。そのお話をすると、ほとんどの方がお金も無いし時間もないから無理だと言われます。ボランティアは何でも出来る訳ではありません。

目の前の命を救いたいと思う気持ちはとても尊いものです。

しかし、子猫の保護だけを続けている間に、また母猫は子猫を産み、保護を必要とする猫の数は減っては行きません。TNRが万全なのかと考える時もありますが、現時点で不幸な猫を減らす方法はTNRしかないと考えています。
生まれてきてはいけない命はひとつもありません。

母猫の命。子猫の命。両方が大切な命です。

まずは野良猫の数を減らす事。
数が減ったら、見つけた子猫の全てを保護してあげられる時が来ると信じています。

ご自身で保護活動を

引き取っての保護譲渡は出来ませんが、譲渡会への参加や、保護譲渡活動へのアドバイスはさせて頂きます。
保護の内容は様々だと思います。
お問い合わせフォームからご質問をください。
地域にもよりますが、無理をして室内に入れないで外で可愛がる方法もあると思います。

保護するにあたって

  • ペット可住宅ですか?

  • ご家族にアレルギーの方、
    保護に反対する人は
    いませんか?

  • 先住猫はいますか?

  • 協力してくれる友人や
    家族は居ますか?

「保護する事」「保護出来る事」は違います。

ボランティアは沢山の猫を保護しています。引き取りたくても引き取れない場合が多くあります。
ご自身で保護するつもりで命と向き合って下さい。

保護のワンポイント

※絶対ではありませんので参考までして下さい。

目の開いていない子猫を保護したら

どこに子猫がいるかで対応も変わりますが、明らかに捨てられた子猫でない場合は、母猫が子猫を安全な場所へ移動している最中か、もしくははぐれた子猫を探しに来るかもしれません。しばらく様子を見て、母猫が来ないようなら動物病院へ行き、獣医師の指示に従いましょう。

夜間の場合は25時まで夜間動物病院が診察しています。
ただ、目の開いていない子猫に病院で出来る事は少なく、正しい保護の仕方を聞いてご自身でケアをする事になります。子猫に詳しい人以外は子猫の状態は分からないと思うので、獣医師の診察は必要だと思います。

病院が開いていない時間なら子猫の低体温に気を付けます。
毛布を用意して寒くないよう、子猫が冷たいようならペットボトルに40度くらいのお湯を入れてタオルに包んで子猫を温めましょう。(暑すぎないように注意して下さい)
ミルクが飲めるかもしれません。深夜営業のお店でミルクが購入できるようなら用意してあげて下さい。ただミルクの間違った与え方は危険な場合もあります。
動物病院の診察時間になったら獣医師に診てもらいましょう。

動物病院は子猫を引き取ってはくれません。
ご自身で保護する覚悟を持って対応して下さい

離乳している子猫の場合

動物病院で初期処置をしてもらいましょう。保護した猫の状態によって処置の内容は変わります。
夜に見つけた場合、元気がありご飯を食べれば翌日の受診で大丈夫です。
ただ、ノミダニ、回虫の心配があります。
暑くも寒くもないようにして一晩、お風呂場で保護するのが安心だと思います。

© 2018 一般社団法人クローバー