クローバー活動記録

  1. TOP
  2. >
  3. クローバー活動ブログ
  4. >
  5. 猫が遺棄される場所②

猫が遺棄される場所②

2019.10.06

クローバー過去の活動はこちらから → 
アメブロは現在も並行して更新しています。

今年2回一斉TNRに入った場所があります。
クローバーと有志の方々餌やりさん一般参加のボランティアさん。今年だけで
21匹のTNRをしましたが、まだまだ沢山の猫がさくらねこになるのを待っています。

通常21匹のTNRをすれば極端に猫が増えて行く事はありませんが、この場所は猫の遺棄が絶えません。ここで猫が可愛そうだからと頑張って猫の保護活動、TNRをしてくれる人がいます。存じ上げてるだけで3人です。3人だけです。保護された猫は累計100匹は超えているだろうと思えます。今月も引き続きTNRに入ります。

そこから数百メートル離れた場所にも前回から入る事に決めました。
決めた理由は相談者さんから頂いたラインです

母猫 父猫 子猫5匹の親子7匹で捨てられた猫もいるそうです。
いきなり7匹の猫が増えます。

 

保護と譲渡もされています。

★印は亡くなった猫です。保護譲渡活動は本当に大変です。

この場所も数人で活動されています。他ボランティアさんの協力も有り活動していたと聞いています。頂いたデータは最近2年ほどのデータで、その前からも活動はあったと思います。きっとで先人がいたはずです。終わらない活動で疲れ果ててしまった人が何人いた事か…

終わりの見えないTNRは準備を万端にして入ろうと考えていましたが、現状その場所で、捨てられた猫たちのために活動している人がいる。

ならば、入ろうと決めました。

現在、確認出来るだけでも2年でTNRは56匹

保護と譲渡で100匹以上。それでも増えて行く捨て猫。

近隣住民に猫が好きな人がいるはずです。本来なら、その地域の人に呼びかけ、協力をお願いすることがセオリーだと思えますがそれが出来ません。何故なら場所を公表すると、逆手に取られそこに今まで以上に猫が捨てられるようになるからです。

猫を助けたいと活動されている方々と困っている猫たちに必ず届けますので、ご支援をよろしくお願いします。TNR代金と病気や怪我の医療費に使わせて頂きます。

猫が捨てられる場所。

山 川 海 お寺 公園 民家の前。

野良猫でも居場所を移す事は遺棄になり、
野良猫でも虐待する事は犯罪になります。

沢山の猫が捨てられる場所。弱い猫は追いやられご飯も十分に無く、喧嘩をして怪我をし、病気は蔓延します。母猫は何回も何回も出産を重ね消耗し、育たないであろう子猫を命をかけて守ろうとします数匹のTNRで終わらないからTNRも始まりません。子供が次々と生まれ、負の連鎖は終わる事がありません。

お願いです。いかなる理由があっても

猫を捨てないで下さい。猫は野生動物ではありません。
猫は愛玩動物です。室内飼いされた猫は外で暮らして行く事が出来ません。

そして困っている猫を助けてくれる人は多くありません。

 

飼い主のいない猫をゼロに

協賛

© 2018 一般社団法人クローバー