クローバー活動記録

さくらねこ

2018.10.20

TNR活動

HPを開設しました。
ブログはアメーバからこちらに引っ越します。馴れないエディターですが
頑張って更新しますので、よろしくお願致します

野良猫は好きで野良猫に生まれてきた
訳ではありません。

飼い猫だったのに捨てられてしまった猫に罪はありません。猫達は生きたいだけです。数が多すぎてその全てを保護する事は出来ませんが、TNRをする事で野良猫の数を増やすことなく平和的に飼い主のいない猫がいなくなる事を願います。野良猫は野良猫だけの問題ではなく大きく人が関係しています。野良猫がゼロになる日まで殺処分する事なく、人と野良猫が共生できる地域社会を。そして野良猫がいなくなる日を目指します。

過去3年間の活動ブログはこちらからどうぞ ⇒クローバー 過去ブログ

 

活動報告

始めてブログに来て頂いた方もいらっしゃると思うのでこの現場の経緯を簡単に書きます
(詳しくは前ブログへ)
10月中に13匹の猫のTNRを相談されました。


(リリース時)


(リリ―ス時)

一回目で8匹のTNRを無事に終了しました。

皆で頑張ったTNR(捕まえて 不妊手術して 元の場所に戻す)

その後一匹が入り

メス5匹オス4匹。9匹のTNRが終了して
3匹の子猫を保護しました。

ここまでが前回までのブログです

**********************************

 

その後もこの現場に積極的に通いました

この子・・・入らなかった(泣
でも頑張る
 (。-`ω-)

カシャ~ン

入った!

3匹の猫が入り (捕獲時)

(リリース時)耳カットがあるよ

無事に皆さくらねこになりました。
(耳のカットは不妊手術済の印です。桜のはなびらに似ているので
不妊手術したねこをさくらねこと呼びます)

さくらねこは、子供を作らない産まない一世代だけの命です。
見かけたら必死に生きている、さくらねこに優しくして頂けたらと思います。

この現場は

周りに民家のない田んぼに、たくさんの野良猫(捨て猫)がいます。
さくらねこになったのだから、ケンカや出産で消耗する事なく自分が生きる事だけを考えて
優しい人に沢山出会って元気に暮らして行ける事を願います。

外で暮らす猫は皆、不幸なのか?

次回ブログで書かせて頂きます。

読んで頂きありがとうございました。

© 2018 一般社団法人クローバー