クローバー活動記録

  1. TOP
  2. >
  3. クローバー活動ブログ
  4. >
  5. 猫が遺棄される場所のTNR③

猫が遺棄される場所のTNR③

2019.11.07

クローバー過去の活動はこちらから → 
アメブロは現在も並行して更新しています。今回はほのぼのブログを書きました

子猫ちいちゃい

*********************

 

クローバー仲間の皆さんが個々にTNRを頑張ってくれています。感謝です。
TさんKさん頑張って下さい。仲間の愛護活動はまた後日報告させて頂きます!

愛護活動されている皆さんは普通の方々です。気になる野良猫がいる方、野良猫にご飯だけを与えている方。一歩踏み出して愛護活動をしてみませんか?

 

クローバーは、10月に
捕獲器を車に積み込んで猫が遺棄される場所へTNRに向かいました
AさんとOさんSさんも現地集合で参加してくれました。ありがとうございます。

様々な大きさの猫がいます。黒い少し長毛の猫は

前回のTNRの時に通院してノミダニアレルギーの処置をしてもらい

こんなに良くなりました。高額な治療費をかけなくても健康を取り戻せる場合もあります。考えていても始まりません、獣医師に診察してもらいましょう。それからどうすれば良いのか決めて大丈夫だと思います。

少し早い時間の夕方に捕獲を始めましたが、
「コラ!猫にエサをあたえるな!」

怒られました。でも、何をしているのか説明をすると、

「俺は犬を飼っているんだ。そうなのか増えないようにしてるか。ありがとうな!」
優しい言葉を頂きました。私は堂々と猫にエサを与えTNRをします。そして観て行く人には必ず挨拶をします。そしてTNRの話をします。この場所で保護と譲渡をしている人たちがいる事も話します。犬のお散歩をしている人とお話しをしました飼い主さんは愛犬を見つめ「この子は譲渡会でもらってきたんです」優しい人は沢山います。

少し離れた場所で捕獲器を仕掛けているとOさんが私を呼びに来ました

「地主さんが怒って来ています」

えええええええ!!地主さんには許可を頂いていると聞いていたので驚きましたが、こんな時こそ、この場所で愛護活動をしている人の盾になりたいと考えています。急いで地主さんの所に行きます。広い敷地の持ち主さんは一人ではなかったと初めて知りました。謝罪をして事情を説明させて頂きました。優しい地主さんで、「そうなのか!私の敷地内で猫が増えないようにしてくれているのなら、お金を渡さないといけないなあ。自宅は離れているけど自宅付近にも猫がたくさんいるんだよ」名刺を頂いたのでご自宅付近の野良猫の事で後日に連絡をさせて頂こうと思っています。忙しく早急に出来ない事がもどかしいです。

「ありがとうな!」地主さんにも許可を頂きました。ご理解のある優しい方で嬉しかったです

外で暮らさなければいけない猫ゼロを目指して頑張る!メスを捕まえたかったのですがオスが2匹入りました。通院して術後のお迎えはクローバー新メンバーのマキちゃん

 

帰りますよ~

どうぞ車にお乗り下さい (笑

マッハで捕獲器から出て行きました。元気に暮らすんだよ。マキちゃんありがとう。

終わりが見えないと思って入った現場ですが、終わりが見えて来ました。
この先猫が捨てられませんように。

私信です。
長く愛護活動を頑張ってくれているKさん。猫もご家族も友達も社長さんも私も元気に戻って来てくれるのを待っています。応援する事しか出来ないけど、頑張って病気をやっつけてきて下さい。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 

譲渡会へ行こう

ノルウェージャンとラグドールの多頭飼育崩壊は他県からもお話しを頂き譲渡が決まっているようです。譲渡会へも参加予定です。(参加は変更になる場合があります)まだまだ沢山の猫が生涯を暮らす暖かく優しいご家族を待っています。ケージの中に入れられやせ細り糞尿まみれで、目の状態の悪い子も多くいますが、

(現在は団体さんボランティアさんが清潔にして通院をしています)

そんな状況なのに人が好きでケージの側に行くとスリスリ ゴロゴロ言う猫達。全ての猫に名前があると思ったのは私の間違いで名前が無い猫も多くいると伺いました。里親様からのご支援や団体様の持ち出しで通院しての治療、避妊 去勢手術をしています。多額の医療費がかかります。ねこMACHIしずおかに応援をよろしくお願いします。クローバーに多頭飼育崩壊で頂いたご支援は責任を持って団体様にお渡しします。多頭飼育崩壊支援が分かるようにメールを頂きますようにお願いします。

 

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ 

譲渡会へ行こう

 

かわいい猫たちが生涯の家族を待っています。

かわいい (o^―^o)

トライアル条件 譲渡条件は各団体様で違います。譲渡会でご確認下さい。

 

飼い主のいない猫をゼロに

協賛

© 2018 一般社団法人クローバー