クローバー活動記録

  1. TOP
  2. >
  3. クローバー活動ブログ
  4. >
  5. 猫を捨てないで

猫を捨てないで

2021.11.06

お知らせ

捕獲器は現在、在庫切れです。コロナ等の理由で次回入荷の予定は未定です。再販の際はブログ、HPトップのバナーからお知らせさせて頂きます。

ボランティア参加希望のお問い合わせについて。ボランティア参加へのメールお問い合わせをありがとうございます。ボランティアへ参加の場合はクローバーの活動方針等を説明し、不明な事はご質問を頂き双方で合意してから参加して頂いております。コロナ禍の中、個別にお会いしてお話しをする事や説明会を行う事が非常に難しく試行錯誤で何とか出来ないかと考えましたが開催が難しくコロナ感染が収束するまで一時的にボランティアへの参加募集を中断致します。ご自身でTNRや保護をしたいがやり方が分からない場合はご協力致します。ご理解頂けますようよろしくお願い致します。

捨てられた猫と犬が優しい人に見つけてもらえる事は本当に稀です。
ほとんどは飢えて砂やゴミを食べ病気になって苦しんで死んで行きます。虐待される事も多い。
犬は殺処分されます。命の猶予は3日?一週間?
安楽死ではありません。処分されるのです。

どうかペットを捨てないで下さい。

猫が遺棄される場所No.①

TNRに向けて子猫に餌付けを続けてくれていたTさん

2匹一緒に捕獲器の中でご飯を食べるようになりましたが、
TNR間近になってサビ猫は姿を見せなくなりました。

黒猫はTNRが終了しています。

サビ猫はどうしたのかな?どこかで幸せにしていたらと願います。
今回はTNR代金をクローバーで負担させて頂きました。
Tさんいつもありがとうございます。必要がありましたらいつでも連絡して下さい

はなちゃんの共同保護主で仲間の清水区のTさん
はなちゃんは元気いっぱいです。

日向ぼっこしてお昼寝中(^_^)

Tさんは3匹をTNRしてくれました。

お皿と入っているフードに愛情を感じます。

 

いつもありがとう。今回Tさんは私もした事の無い経験をしました。術後のお迎えの時、白黒の猫が捕獲器の中で流血。なかなかの出血だったようです。鼻の頭とか少し擦りむくくらいの事はありましたが、ビックリするくらいの出血だったようです。TNRにご理解のある病院です。処置が必要無いなら獣医師を信じてリリース。心配しましたが、元気にご飯を食べに来てくれて一安心です。

捕獲器の踏み板でケガをしたのかな?今後、同じ事が起きないように術後、捕獲器の中にタオルを敷いて
猫を戻してもらおうか?同じような経験がある方がいましたら、アドバイスをよろしくお願い致します。

野良猫が増えないようにTNR活動を自費でやってくれる餌やりさんは、その地域の宝です。猫にエサを与えている人を無闇に怒るのでは無く、穏やかに声をかけてみませんか?もしかしたらTNRをやりながら野良猫が増えないように管理してくれているのかもしれません。怒るのでは無く話し合いが大切です

コロナが終息するまで団体での活動は一時中止して私が個人で、出来る活動をしています。

ひとりで連日沢山のTNRは出来ません。一度に20匹のTNRも不可能です
でもTNRが出来る人が増えて、必要な時に手伝える事。
ひとりで孤独では無く分かり合える仲間がいる事。大切だと思います。

TNR活動って案外、孤独です。

頑張るSさんのお話は次回にさせて頂きます。

クローバー過去のブログはこちらから→
アメブロは現在もHPブログと並行して更新しています

 

🔶🔶🔶🔶🔶

クローバーは保護活動は致しません。(例外もあります)
外で暮らさなければいけない猫達の味方でありたいと活動しています。外での暮らしは大変です。
繁殖して増えないように。飢えないように。病気なら治療が受けれるように活動しています。
ご賛同頂けましたら応援をよろしくお願い致します

 

外で暮らす猫ゼロ
殺処分ゼロ

協賛

クリック↑

Makanaの売り上げの一部は動物愛護に使われます

 

© 2018 一般社団法人クローバー