クローバー活動記録

  1. TOP
  2. >
  3. クローバー活動ブログ
  4. >
  5. TNR活動
  6. >
  7. TNRとうめちゃん

TNRとうめちゃん

2020.02.08

TNR活動

クローバー過去の活動はこちらから→ 
アメブロは現在も並行して更新しています。今回はおはぎちゃんのトライアルのお話しです。

 

一月の下旬に猫が沢山遺棄される場所でTNRをしましたが、捕獲できず。
さくらねこが沢山いる中でターゲットの猫を捕まえる事は本当に難しい。
以前も最期の一匹を捕まえるのに半年近くかかったり毎週捕獲に通って一匹の猫を一ヶ月かけてTNRした事もあります。その場所で猫たちを守りたい人が居る限りクローバーも頑張ります。

 

この場所には比較的に若い猫が多く老猫をほとんど見かけません。何故かと?前から気になっていましたが、この場所で25年間愛護活動をしているAさんが年老いた猫は自宅に連れて帰っていたと知ったのは去年末の話。25年間この場所で猫たちを守ってきたAさんはすごい。SNSを利用する事も無く誰かに支援金をお願いする訳でもなく黙々と猫たちを助けてきた。巡り合えて良かった。AさんとクローバーをつなげてくれたのはTさん。

頂いた支援物資をお二人にお渡ししてきました。また今月にお渡しする予定です。

TNRは難しくなってきましたが猫との知恵比べ根気比べです(笑
頑張りましょう。

メンバーのKちゃんは活動お休み中なのにサクッとTNR(笑
お疲れ様です。Kちゃん本当にすごいよ。

保護猫のおはぎちゃんはトライアルへ。来週に正式譲渡になります。
経緯はアメブロへ


姉妹で過ごす最後の夜。

うめちゃんも必ず幸せへ送り出すからね。
そんなうめちゃんは

調子良かったのですが、また脱肛してしまいました。
脱肛は2回目の手術です。肛門筋が弱いようで成長するにつれて強くなって行くと思っています。

脱肛も気になりますが一番気になるのは12月に手術した食道です。
現在の状況を様々なフードを与えてレントゲンで確認します。

ウェットフードだけだったのがドライフードも与えるようになりました。ウェットフードよりドライフードの方が食道を通過するのに時間がかかります。大事を取って食道にフードが詰まらないようにお皿に水を入れて少しずつのドライフードを食べさせて行きます。一回に5粒のドライをお水と一緒に食べています。
わんこそば、ならぬ わんこドライフードです。

 

最初は一食3gからスタートしたドライフード。今は8gまで増えました。
一日に4回フードを与えるので32gのドライフードを食べています。食道は血管が少ない場所で術痕がキレイに治るまで時間がかかるそうです。これも成長と共に強くなって行く。そして普通の猫となんら変わらない元気な猫に成長すると信じています。

おはぎがいなくなって淋しいかな?って

(自分のお財布からおもちゃ購入 笑)

あら?食いつきイマイチかしら?って思っていたら

遊んでる遊んでる。飽きないように私の猫たちが使わなくなったおもちゃを
日々、投入しています。

私は働いているので毎日4時間おきの食事や排便が出来ない時の介助が、
大変だと思う時も正直あります。
でもね、うめちゃんは天使のようにかわいい。うめちゃんと一緒に頑張って行きます。
うめちゃんを後回しにする事は絶対にしません。

はなちゃんは膀胱炎になり数回通院しましたが今は絶好調で事務所で保護猫生活を送っています。触ろうとすると逃げていく、はなちゃん(汗
近づかなければ逃げません。もう少し人を信頼してくれたら譲渡も考えられるのですが、これもはなちゃんのペースに任せるしかありません。


はなちゃんはエイズキャリアです。

じゃこちゃんも元気いっぱい。
じゃこは白血病キャリアです。

クローバーの仲間Kさん

支援物資を届けに行ったら、こんにちはのしましまちゃん。今までは絶対に出てきてくれませんでしたが日々、人は優しいのかもしれない。この場所は安全なばしょなのかもしれない。日々の生活の中で猫の考えも変わっていくのだと思います。愛され大切にされてる証拠です。
しましまちゃん。あいさつしてくれてありがとう
しましまちゃんも白血病キャリアです。

FIPに有効な薬の話も聞きます。白血病もエイズも早く治る病気になって欲しい。
はなちゃん じゃこ しましまちゃん。皆、発病しないで長く長く元気に幸せに暮らそうね。

毎回ボリュームのあるブログですみません。
本当はひとつずつの事を丁寧に詳しく書けたらと思っていますが駆け足での報告になってしまいます。

 

譲渡会へ行こう

 

トライアルや譲渡条件は各団体で違います。
詳しくは譲渡会で確認してください

 

*********************

 

 

飼い主のいない猫をゼロに

協賛

© 2018 一般社団法人クローバー