クローバー活動記録

  1. TOP
  2. >
  3. クローバー活動ブログ
  4. >
  5. お別れの時

お別れの時

2022.03.03

2009年飼育放棄で保護したラブラトールの子犬。
ボランティアを始める前から沢山の犬や猫と関わってきました。その時は自分が愛護活動をしている意識は無く、普通の事だと思っていました。


私の友人が飼う事になりました。名前はチョコ。

最近はチョコに会えないでいました。

2月に旅立ったと連絡があり花を持って駆けつけました。

友人に「ありがとう」と伝えたら「チョコに会わせてくれて本当にありがとう幸せだった」と柄にもない言葉をもらい改めてチョコも友人も本当に幸せだったと分かりました。


お別れは悲しい。


人もペットも必ず年老いて行きます。

ずっと子犬のままではないし病気にもなります。よく考えてペットを家族に迎えて下さい。

クローバーのTNR現場に突然現れた、じゃこちゃん。
大きな声で鳴きながら何かを訴えていました。交通事故の怪我よりもお腹が減ったと訴えていた気がします。

すぐに通院しました。避妊済みで避妊手術後の抜糸が済んでいないと獣医師に言われ飼い猫かもしれないとリリースは中止。保護を決めました。

市内全ての動物病院に電話をして該当する猫がいないか確認。様々方法で飼い主を探しましたが飼い主は現れず。白血病が陽性だから捨てられたのかな。じゃこは良い子ですが白血病陽性のため譲渡は難しい。

しばらく事務所で暮らしましたがお家の子にしてあげたいと私がじゃこと関われる親戚宅の猫になりました。いつかは発病すること。よく話をして迎え入れてもらいました。


じゃこは元気で幸せに過ごしていましたが去年11月初旬ににリンパ腫発症。

抗がん剤や検査で週に一回の通院。私も一緒に通院しました。治療費と検査費は毎回2万円〜3万円。毎週この金額がかかります。猫の病気は人間、以上にお金がかかる場合があります。経過は良好で抗がん剤の副作用も現れずに寛解。コルディやプラセンタも与えました。

2月に再燃。再燃から1週間で旅立ちました。

そんなに急いで行かなくてもと思う気持ちと。苦しい時間が長くなかったと思う気持ち。


まだ5歳。早く白血病が治る病気になるといいです。じゃこの治療費は飼い主と私個人でその、ほとんどを支払いましたが最初の数回はクローバーからも支援させて頂きました。ありがとうございます。
じゃこのリンパ腫が再燃した時にじゃこを見つけてくれたTNR現場のMさんからTNRのご相談がありました。どうかじゃこのように捨てられる猫がいなくなるようにご自身に出来る愛護活動を無理なく続けて下さい。このタイミングで連絡が来た事に感謝しています。困った時はクローバーが駆けつけます。

36匹を飼育崩壊させない活動をしたお宅のチイコさん。17歳。

2月に旅立ちました。

 

飼い主さんは数年前に脳出血でいきなり職場で倒れました。相談者さんから丸投げされた現場。飼い主さんの状態も分からずどこに入院しているのかも分からず不安しかなかった。36匹の猫の命が私に託された。本当に大変でした。飼い主さんは長く入院治療リハビリで家を空けましたが元気になって自宅に戻りました。元気になってくれて本当に良かった。今でも飼い主さんに言います

「生きてくれて本当にありがとう」

チイコさんは飼い主さんの腕の中で旅立ちました。飼い主さんが不在でも頑張ったチイコさん。
先に行った大きいちゃん(20歳)と再会して飼い主さんを見守ってくれているはずです。

 



1匹でも飼育崩壊。チイコさんの飼い主さんに許可をもらったら猫の保護と生涯飼育する事を詳しく書かせて頂きます。飼育放棄が無くなれば野良猫はいなくなる。

順番。

お別れはとても悲しいけど最後まで命に責任を持つ事が1番大切な事です。高額な医療費がどうしても払えない事が悪いと私は思いません。でも高額じゃない医療費は必ずかかります。よく考えてペットを家族に迎えて下さい。

虹の橋へ行った愛おしい子たち。また必ず会えると信じています。

私の体調が優れなかった事やお別れが重なった事で思うような活動が出来ないでいましたが、そんな時に仲間から

TNRしましたよ!って連絡が来ると本当にクローバーを立ち上げて良かったと思えます。

Kさんありがとう。

私が止まった時、有志の仲間が活動してくれる。クローバーは野良猫に関する問題の全てを引き受けて解決するのではなく、(例外もあります)愛護活動をしたい人を助けるフォローする事を主に考え活動しています。その方が後々沢山の猫のや犬を助ける事が出来ると信じています。

 

クローバ過去のブログはこちらから→
今回はどうしてボランティア団体を作ったかの話を書きました。
アメブロは現在も並行して更新しています。

🔶🔶🔶🔶🔶

クローバーは保護活動は致しません。(例外もあります)
外で暮らさなければいけない猫達の味方でありたいと活動しています。外での暮らしは大変です。
繁殖して増えないように。飢えないように。病気なら治療が受けれるように活動しています。
ご賛同頂けましたら応援をよろしくお願い致します

 

外で暮らす猫ゼロ
殺処分ゼロ

協賛

クリック↑

Makanaの売り上げの一部は動物愛護に使われます

 

© 2018 一般社団法人クローバー