クローバー活動記録

  1. TOP
  2. >
  3. クローバー活動ブログ
  4. >
  5. 沢山の猫がいる現場

沢山の猫がいる現場

2018.11.09


過去3年間の活動はこちらから⇨ クローバーブロク゛

 

メール相談を受けました。猫が多い現場のようです。
たくさんの猫のTNRは手術代金も高額になります
毎月2匹ずつTNRしてみましょうか?とお話しをして後日メンバーのKさんと駿河区の現場へ向かいました。行ってみないと分からない事も多くあります。

相談者Mさんに詳しくお話しを聞くと猫たちはまだ地域で大きな問題にはなっていないようです。猫たちがかわいいと写真を撮る人もいるようです。猫の数は仔猫を含めて15匹?もっといるかな?

捕獲器の使い方を説明してTNRに入ります。

 

2匹が捕獲器に入り。

 

通院して無事リリースしました (・∀・)

 

さくらねこになったね 🌸🌸
現場を見て相談者さんからお話を聞いて、考えてみました。

三毛猫・・・焦るなあ

(;・∀・)

なんかメスが多そうな気がする💦

 

相談者さんに確認してもらったら妊娠可能なメスの数は7匹。

現時点で猫の数が多いのに近隣から苦情が無いのであれば、
この子たちは今後も
幸せに暮らして行く事が出来るであろう猫たち。

これ以上、猫の数が増えて野良猫が大きな問題にならないように、
メスを一斉にTNRする事に決めました。

小さな地区の一画での事かもしれませんが、それが広がっていけば不幸な猫はいなくなるはず。そう信じています

相談者さんとクローバーで半分づつTNR代金は負担する事になりました。

もっと早くにTNRしていたら

生まれてきてはいけない命はありません。しかし猫の数が増え過ぎるとご自身での解決が難しくなります。生まれて来た命が幸せになると約束されてもいません。殺処分のほとんどは子猫です。子猫を毎年、何回も殺処分するために持ち込む人、TNRしませんか?

殺処分するよりTNRをした方が野良猫の数が減るデーターがあります。クローバーは野良猫に迷惑している方からのご相談もお受けしています。

増え過ぎた野良猫が近隣で嫌われ者にならないように。野良猫にエサを与えるならTNRも一緒にやる事が当たり前になるよう頑張ります。

外で生きて行く猫たちへ応援をよろしくお願いします

© 2018 一般社団法人クローバー