クローバー活動記録

思うこと お礼

2018.11.26

さくら猫たちありがとうございます

更新が空いてしまいました。
お問い合わせのメールには返信をしました届いていない方がいましたらお手数をおかけしますが
再度メールを頂けたらと思います。

クローバー過去3年の活動ブログはこちらから→ 

最近、考えさせられる事が多くありました私はHPやブログで応援を頂いたり団体の活動や思いを皆さんに発信する事が出来ます。愛護活動をしている人の中には発信の仕方が分からなく捨てられる猫。外で暮らして行かなくてはいけない猫たちを助けようと個人で頑張っている人が沢山います。発信の方法が分からないのは主に年配の方です。

猫が多く捨てられる地域だと、どんなに頑張ってもその愛護活動の終わりは見えてきません。

 

クローバーはSNSが苦手な年配の方からも相談が受けられるように静岡市のボランティア名簿に電話番号を載せてています。しかし、かかってくる電話のほとんどが飼えなくなった猫の引き取り相談です働きながらの活動のため電話にすぐ出る事は難しく留守電のあるものには折り返し電話をしています。TNRの相談はブログやHPを見てくださる方からのメールでの問い合わせがほとんどです。

どんなにペットに愛情を注いでいても飼えなくなってしまう事もあると思います。


写真 36匹多頭飼育を崩壊させない活動より

だからこそ、自分が飼育できなくなった時にペットをどうするのかをしっかり考えておく事は大切な事です

TNR活動の中で偶然に知り合った年配の方。捨てられた猫たちのために必死に働いてTNRも保護活動もされています。

 

知り合ったきっかけになった活動過去ブログ→

民家の無い田んぼに転々といる捨て猫たちが心配で身体が少し不自由なのに毎日、隣の区から猫たちにエサやりに通う人がいます。

少し前に13匹のTNRをして、あと数匹で全頭さくらねこになると思っていたら新たに数匹の猫が捨てられました。捨て猫がいなくなるまでTNRを継続して行かなくてはいけません。

13匹TNRの過去ブログ→

 

猫が捨てられる場所。どの地域にも思い浮かぶ場所があると思います

元気に暮らして行くんだよと捨てるのでしょうか?

室内飼いの猫は外で元気に暮らせる訳がありません。

人って勝手だな…猫がかわいそうです。でもそれを助けたいと思うのも人です。外で暮らして行かなくてはいけない猫たちへの応援をお願いします。個人で頑張っている人たちへ応援をお願いします。いつの日か愛護活動の形は変わり全ての犬や猫が生涯を幸せに暮らせる事を願うばかりです。

TNR活動も頑張っています。次回のブログで報告します

支援金をありがとうございます

8月 NS様 

9月 NS様 SK様 TA様

10月 NS様  OM様 SY様

(10月下旬までの確認です)

支援物資をKM様

 

応援をありがとうございます。必ず困っている猫たちに届けます😊😊

 

たくさんの、さくらねこにフードを与えている人はフード代金だけでも高額になります。フードを支援して頂けましたら、フードに回す分のお金でさくらねこを管理している方が、実費でTNRする事が可能になります。

© 2018 一般社団法人クローバー