クローバー活動記録

  1. TOP
  2. >
  3. クローバー活動ブログ
  4. >
  5. ご飯をもらえない猫はどうなるのか?

ご飯をもらえない猫はどうなるのか?

2018.12.24

クローバー過去3年の活動はこちらから → 

クリスマスイヴです。こんな特別な夜は外で暮らす全ての猫が餓える事なく、寒さに凍える事なく過ごしてくれたらと考えたりもしますが現実はそうはいきません。

 

やれる事を進めて行くしかないです

12月23日にチームにゃんのヒゲ猫〜SOS〜さんの譲渡会に、
(お名前にリンクです)

クローバーからくろきちが参加させて頂き2名様からトライアルの申し込みを頂きました。

 

トライアル希望日の順番でお伺いさせて頂きます。2番目の方に先のトライアルで譲渡が決まってしまう場合がありますとお伝えしたところ、それもご縁ですからと優しいお言葉を頂きました。くろきちの事を思って頂きありがとうございます。

くろきちは保護当初、フードを食べたら吐くを数回繰り返していました。風邪をひいていましたが元気だったのでフードが合わないのかと思いました大量の嘔吐をしました

何かおかしい。嘔吐物からフードをよけてみると

大量のゴミでした。

くろきちが野良猫の子として生まれたのか捨てられたのかは分かりません。ただ外で暮らす猫は食べ物にありつけないと空腹を満たすためにビニールや砂や小石を食べます

どれほどの空腹なんだろう

それって切なくないですか?

くろきちは保護されて運が良かった。
譲渡会。KさんMさんお疲れ様でした。
Mさん後は私が引き継ぎます。

友人のお嬢さんが去年、子猫を保護しました。500gほどの小さい子猫です

このかわいいお腹の中には

沢山の砂や小石が入っていました。一泊の入院をして大量の砂が入ったうんちが出ました。

飢えをしのぐために生きようと必死だった。頑張ったら優しい人に会えた。
この子も運の良い子です。お嬢さんに会えなければ命は終わっていたでしょう。
沢山の治療費を払ってまで助けてくれた友人、ご家族を尊敬します。

人懐っこい、この子はご飯の時だけ手を出すと唸ってご飯を取られないように必死だったそうです。それを見た友人は涙が流れたと。

今はご家族と幸せに元気に暮らしています。

現在クローバーで保護している捨て猫のじゃこも最初はフードを与えるだけ食べていました。

お腹がペコペコだったんだね。

白血病が陽性ですが、年末にトライアルに行く予定です。

猫にエサを与えるから野良猫は増えるのか?
答えはNOです。
静岡市は殺処分を中止したから野良猫が増えるのか?
NOです。

置きエサをすると猫が居つくようになりますが、与えた食事を片付ける事で他の猫が来る事を防ぐ事が出来ます。殺処分を中止してTNR活動(捕まえて 不妊手術をして 元の場所に戻す)にシフトした方が圧倒的に野良猫の数が減っています。

ご飯がしっかり食べれていない猫は成猫でもやせ細り生き絶えていきます。
(この子はフードの支援でふっくらしています)

でも・・・フードがもらえない子はどうすれば良いの?
地域猫活動は野良猫や捨て猫を可愛がって増やす活動では無い事。
保護されるのはほんの一部の猫だけです。人知れず砂やゴミを食べながら消えて行く命が
たくさんあります。

不妊手術をしてマナーを守ったエサやりをすれば野良猫の(捨て猫)の数は平和的に減って行きます。砂やゴミを食べている猫。せめてお腹いっぱいご飯を与えたいと思います。
野良猫の寿命は短いと言われています。
罪のない命へご理解をよろしくお願いします。

このブログに出てくる外猫は皆さくらねこです。そしてどの野良猫もさくらねこになれます。

耳にVのカットがある猫は不妊手術済です形が桜の花びらに似ている事から不妊手術済みの野良猫を、さくらねこと呼びます

© 2018 一般社団法人クローバー