クローバー活動記録

12匹のTNR

2019.04.03

TNR活動

クローバー過去の活動はアメブロへ → 
アメブロは現在も並行して更新しています。

更新が空いてしまいました。私ごとですが去年12月から愛猫が病気になり
今年に入ってから入退院をくり返しています

クローバーのメンバーや関係者の皆に愛猫の事を話す事なく活動をしていましたが、皆で行う活動もあり、愛猫が治る病気ではない事。愛猫が私を必要とした時には予定がこなせないと考え古くからの同志に3月中旬頃、事情を話したら、

そんな事当たり前だよ。僕に任せてよ大丈夫だから、愛猫の事を一番に考えてあげて。

自分が無理して頑張り過ぎていると思った事はありませんが、この言葉を聞いた時に肩の力が抜け泣けました。仲間ってありがたい。Mさんありがとう。話してもいいんだ。その後、数人の方に事情を説明しました。暖かい言葉をかけて頂き感謝しています。

仲間に勇気付けられ愛猫も頑張ってくれて一斉TNRに無事に参加出来ました。

TNRはすぐやる 全部やる 続ける事が大切だと言われています。
1月に一斉TNRを行なっていたらすぐやるで終わっていました。
4月まで伸びた理由は全部やる。続ける。をやりたかったからです。

沢山の方々の協力のおかげで、すぐにやるは出来ませんでしたが
全部やる続けてやるが可能になりました。

粘って良かった。

肌寒い夜に有志5人で集合です。用意した捕獲器は15台。

半径100mくらいの場所に分かれて捕獲器を仕掛けます。

 

皆で頑張った結果

12匹の猫が入りました。沢山の猫が入った事には理由があります。
猫にエサを与え可愛がってくれていた方々の協力があったからです。
私がメンバーと捕獲に行っても2〜3匹を捕まえるのがやっとではないかと思います。

野良猫にエサを与えている人を見つけると怒鳴る人がいます。
迷惑をしていて怒鳴る気持ちも良く分かりますが、怒鳴る事で問題は解決しません。
猫にエサやりをしている人もエサを与えているだけでは問題は解決しません。

一斉TNRの話は次回に続きます。

応援をありがとうございます。

 

飼い主のいない猫ゼロ

協賛

  

© 2018 一般社団法人クローバー